トルコ コンヤ カタライ神学校~メヴラーナ博物館

トルコ内陸部アナトリア地方の中核都市コンヤは、11-13世紀にセルジューク・トルコの首都が置かれていた町。陶器博物館になっているカタライ神学校は、セルジューク様式の浮き彫り、スタラクタイトが見所。

28139.jpg

28140.jpg

アラアッディンの丘。

28143.jpg

交差点ごとにトルコの国花チューリップのモニュメント。

28141.jpg

古都コンヤは、イスラム神秘主義のメヴレヴィー教団(メヴラーナ教)の発祥地でもある。宗教行為としてスカートを履いてくるくる回転しながら踊るのが特徴。メヴラーナ博物館は創始者メヴラーナが祀られている霊廟。

28144.jpg

博物館内は撮影禁止、土足も禁止。靴の上にビニールを履いて入場。

28146.jpg

厳格な信者は素足で入るため、足を清める水場がある。

28145.jpg

修行場だった建物。修行僧の生活を人形で再現。

28147.jpg

青緑色タイルの塔が霊廟。

28399.jpg

メヴラーナ文化センター。

28142.jpg