ミャンマー バガン~ヤンゴン

バガンは早朝から気持ち良く晴れ。

24166.jpg

考古学博物館。

24165.jpg

ミィンカバー村らしき場所。集落といった雰囲気。

24163.jpg

尼僧さん達。

24046.jpg

バガンに来る時にも乗ったエア・マンダレー401便は朝六時半にヤンゴンを出発し、バガン、マンダレー、ヘーホーを回り、午前11時に再びヤンゴンに戻る。今回はバガンからヤンゴンを目指したいので、逆のルートがあれば楽なのに。

24126.jpg

八時半にバガンを出発、ミャンマー第二の都市マンダレーへは約20分のフライト。最初のヤンゴン=バガン間のみ指定席で、バガン以降は自由席。都市間の乗客の出入りは激しかったが、半分近く空いていた。

24127.jpg

インレー湖観光の拠点として知られるヘーホーは、マンダレーから20分。

24128.jpg

内陸の都市を回った後はひたすら南下して、一路ヤンゴンへ。一時間超と長めのフライトとなるため、軽食としてパウンドケーキまたはサンドウィッチ、飲み物が配られた。

24283.jpg

24129.jpg

ヘーホーからは雲が多く、ヤンゴン近くでやっと陸が見え始めた。何と言うか、水浸し。川と道路が同化しているよう。初日到着時のヤンゴン、バガンでも全く雨に降られなかったので忘れかけていたが、この時期のミャンマー、そう言えば雨季なのであった。

24130.jpg