ミャンマー ヤンゴン~バガン

ミャンマー国民は九割が上座部仏教徒(小乗仏教)で大変信心深く、托鉢する=徳を積む=良い来世を迎えられる、というわけで各民家の前で信者が、決まった曜日に訪れる僧侶の列を待っている。僧侶の托鉢は毎日で、曜日によって場所を変えているのだとか。

24019.jpg

24327.jpg

夜明け前の午前五時半。僧侶100人くらいがそれぞれに鉢を持ち、整然と歩く。通りすがり、鉢の中に食べ物を入れて貰う。何なのかは見えなかったが、大抵は炊いた白米とか。

24020.jpg

こちらは後日昼頃に見掛けた僧侶の列。

24316.jpg

私達の朝食はホテル製弁当。バター塗りサンド、目玉焼き、薄切りソーセージ、バナナ。

24021.jpg

ヤンゴン空港内の移動バスは日本製中古。東京バス協会のステッカーもそのまま。

24022.jpg

24272.jpg

ヤンゴン発のエア・マンダレー401便機内食は、小さなピザパンと飲み物。冷えたピザは不味い、という言葉通りの代物。

24023.jpg

定刻通り朝六時半に出発し、7時50分にバガンに到着。約50人乗りと小さいが小奇麗で、シーズンオフで空席も多く快適だった。

24024.jpg

バガンのニャンウー空港ターミナル。寺院の金色屋根のモチーフがミャンマーらしい。

24025.jpg

ミャンマーでは軍事施設、軍人、空港や橋は撮影禁止。にも関わらず、撮影している観光客が多数。係員達が咎める気配も全くないので、私も便乗。