中国 北京・天壇

世界遺産にも指定されている天壇は、1420年に建設された中国最大の祭祀建造物。中国古来の宇宙観で、上から天上界、人間界、地獄界の三層になっている。

22101.jpg

階段や石畳、手摺りの数は、「皇帝の数字」の9かその倍数。

22103.jpg

圜丘壇(かんきゅうだん)の中央には、円形の天心石。皇帝が豊作を祈願して天に祈りを捧げるために声を出すと、欄干に反響して青空と話しているようにこだまするらしい。が、人が多過ぎて「こだま」を試すどころではなかった。

22102.jpg

声が反響する欄干。後方に見えるのは、これから目指す皇窮宇と祈年殿。

22104.jpg

1530年に完成した皇弓宇(こうきゅうう)には、歴代皇帝の位牌が安置されている。回音壁という円形の塀に囲まれており、壁に小声でささやくと、半周向こうでもその声を聞くことが出来る程響く。あちこちで声をあげて音を確かめている観光客がいた。

22106.jpg

22108.jpg

祈年殿へ続く丹陛橋。

22107.jpg

天壇公園のシンボル的存在である祈年殿は、圜丘壇、皇弓宇と共に直線上に整然と並び、敷地のほぼ中心にある。

22092.jpg

建物は木造で、28本の柱だけで支えられており、釘を一本も使用していないのも特徴。内部に四本ある金色の柱は四季を、赤い12本の柱は1年12ヶ月を意味する。

22113.jpg

22111.jpg