チリ イースター島 アフ・アキビ~アナ・テ・パフ

モアイのイメージ写真でよく登場するのが、七体のモアイが並ぶアフ・アキビ。他のモアイ達が全て内陸に向いて立っているのに対し、ここのモアイだけが海を向いて立っている。ホツマツア王の使者七人、または七人の王子を祀ったものであるとか、彼等の祖先が住む方角、春分と秋分の日没の方向と関係するなど、様々な説がある。

20008.jpg

20007.jpg

20153.jpg

前方に海が見えている。

20009.jpg

20154.jpg

20152.jpg

アナ・テ・パフは、イースター島で最大、最長の洞窟。モアイ倒し戦争や西洋人が来島した時に身を隠した場所。

20011.jpg

20155.jpg

20012.jpg

内部には台所まであったそうだが、とにかく真っ暗闇。

20010.jpg

全距離は3キロメートル以上。何も見えず足場も良くないため、途中で引き返した。