チリ イースター島 オロンゴ遺跡

オロンゴ遺跡はラノカウ山の端の方にあり、海面までは240メートルもある断崖絶壁の地。

20002.jpg

鳥人儀礼という儀式の時にここから海に飛び込み、モツ・ニュイという奥の小島まで泳ぎ、海鳥の卵を持ってまた泳いで帰って来れた人が「鳥人間」として崇められていたのだとか。鳥人間をモチーフにした木彫りは、土産屋でたくさん見掛けた。

20001.jpg

周囲に残る53の石室や石家は、儀式の神官や語り部が使っていた場所。中を見ることが出来るように天井が開けられているが、高さは1メートルあるかどうか。入り口も人が通れるのかと思う程狭い。

20003.jpg

20047.jpg

20004.jpg

20147.jpg

20149.jpg

土産に高さ3cm程のモアイの置物。私達の買い物はマーケットで済ませてあったが、支払いはUSドル、ペソで釣銭を貰い、ペソが溜まったらペソで買い物、というパターンで通した。ちなみに、大抵の国では空港に銀行があるが、イースター島では村に一店舗あるだけで、空港には無かった。

20076.jpg

高さ15cmの木製モアイ。裏側に「鳥人間」が彫ってあり、一番の売れ筋。

20077.jpg

モアイ・ピスコは、モアイ型の瓶に入った地酒。コカコーラで割るのが無難らしいが、それでも結構キツかった。

20161.jpg