ハンガリー エステルゴム

ドナウベンドはドナウの曲がり角という意味で、ドナウ川が大きくカーブを描く位置に位置する街の一つがエステルゴム。ハンガリーにおけるカトリック教の総本山で、高さ71.5メートル、国内最大の大聖堂(バジリカ)がある。

18171.jpg

大聖堂裏手、ドナウ川の向こうは隣国スロバキア。橋は第二次世界大戦で壊れたままだったが、2001年に修復されている。

18175.jpg

内部は広くて明るい。そして煌びやか。

18176.jpg

祭壇上部を飾る「聖母マリアの昇天」という絵画は、縦が6メートル、135.5メートル。一枚画としては世界最大級。

18177.jpg

18178.jpg

18179.jpg

18180.jpg

大祭壇手前、左右の副祭壇。

18182.jpg

主祭壇と向かい合わせの位置にあるパイプオルガン。

18187.jpg

パイプオルガンの横を飾る銅版レリーフ。

18186.jpg