チェコ プラハ 老舗ビアホール「ウ・フレク」~黄金小道

チェコへの入国手続きで時間が掛かり、首都プラハに到着したのは夜八時。

18034.jpg

バスが国境を越えてすぐ、ビキニ姿の女性一人が闊歩しているのが見えた。えーと、ここは何処でしたかね? 海のない国の一般道、しかも国と国とを結ぶ幹線道路だよなあ。と呆気に取られている間にも、何十メートルか毎に水着とも下着とも取れる格好の女性が、一列に並ぶようにして道路の端に次々現れる。

国境近くのこの町には、外国人目当てのオネエサン方がこうして集まって来るらしい。同じチェコ人だとお金が無いので、あくまでも外国人狙い。道路沿いの建物の幾つかは彼女達の職場になっているようで、妖しげな赤色ガラスの向こうで誘うようにへばりついている姿も。この間五分程で、市街地に入ると見られなくなったが、ドイツとの格差を目の当たりにし、ちょっと衝撃だった。

18103.jpg

夕食はツアー単位で、1499年創業のウ・フレクというプラハの有名ビアホールへ。店自慢の特製黒ビールは美味しかったが、料理やサービスとして出された蒸留酒は今一つ。

18055.jpg

18056.jpg

プラハは尖塔が多いことから「百塔の町」とも呼ばれている。

18062.jpg

ヴァルドシュテイン宮殿。

18058.jpg

旧登城道から黒塔を抜け、プラハ城へ続く「黄金小道」へ。

18059.jpg

作家カフカが住んでいた家。現在は土産屋。

18060.jpg

こちらは帰りに通った新登城道だが、とにかく人が多い。

18061.jpg

プラハ城前、イジー広場。

18068.jpg