ドイツ ニュルンベルク 聖セバルドゥス教会~フラウエン教会

ニュルンベルクで最も古い聖セバルドゥス教会には、聖人セバルドゥスが祀られている。

17178.jpg

17180.jpg

17179.jpg

カイザーブルク城から見た、聖セバルドゥス教会。

17194.jpg

聖セバルドゥスの柩。

17182.jpg

二枚の写真を合成。

17103.jpg

17181.jpg

中央広場にあるフラウエン教会(聖母教会)。

17183.jpg

正午を知らせる鐘が鳴り、教会の仕掛け時計が動き始めた。からくりは一日に一回だけ。1346年にニュルンベルクで発行された神聖ローマ帝国法「金印勅書」がテーマ。現れるのは、カール四世と七人の選帝候。

17184.jpg

17185.jpg

広場では青空市や土産物屋を覗き、ニュルンベルク名物「レープクーヘン」を購入。ナツメグなどの香辛料やナッツを加えた焼き菓子で、最初の一口目は大味だが、噛めば噛むほど味が出る――というのがガイドブックに掲載されていた説明。チョコレートのコーティングに惹かれ、チョコレート好きの私は欲張って大きな箱のを買った。しかし、チョコレートは甘味もなくて妙な味で、むにゅむにゅとした食感が見た目と違うせいか、正直言って美味しいと思えず。ローテンブルクで買ったシュネーバルといい、このレープクーヘンといい、ガイドブックに書いてあることを鵜呑みにした私が馬鹿だった。