ドイツ ローテンブルク 聖ヤコプ教会~中世犯罪博物館

完成までに百数十年を要し、15世紀末に完成したゴシック様式の聖ヤコプ教会。彫刻家リーメンシュナイダーが作った聖血の祭壇や十二使徒祭壇、5500本もあるパイプオルガンでのコンサートが有名。

17129.jpg

十二使徒祭壇。

17132.jpg

主祭壇。

17133.jpg

17130.jpg

17131.jpg

中世犯罪博物館は、ドイツ唯一の法と刑罰の歴史博物館。

17137.jpg

秩序を保つために設けられた規則は厳しく、背いた場合には拷問が待っていたという。博物館入口の頭上には、水責めの刑で使った大きな檻。それを見た時は引き返そうかとも思ったが、いかにも痛そうな針の椅子など一部を除けば、ユーモラスなものの方が多い。

  • 服装規定に反した女性に付けさせたピエロのような木製の襟
  • お喋り過ぎる女性には舌を出した間抜けな顔の鉄仮面
  • 不熱心な信徒には大き過ぎるロザリオ
  • 大酒飲みには木樽の衣装
  • 豚のように振る舞う男のためのマスク
  • 下手な楽師には変な音が出る笛 ... など多数

日本語パンフレットの他、各展示物にも日本語解説が付いていた。

17164.jpg

17165.jpg

フランシスカーナ教会。1285年建造で、ローテンブルク最古の教会。

17134.jpg

17144.jpg