ドイツ フロイデンシュタット~ホーエンツォレルン城

ドイツ南西部のシュヴァルツヴァルト地方に広がる森林地帯は、もみの木などの針葉樹が多くて森全体が暗い色のため、「黒い森」と呼ばれている。曲がりくねった道をバスに揺られて進むこと一時間、フロイデンシュタットで休憩。

17043.jpg

17044.jpg

ドイツ屈指の名城と評されるホーエンツォレルン城。印象は全く違うが、白亜でメルヘンチックな外観で知られるノイシュヴァンシュタイン城と同時期の1867年に建てられたという。

17047.jpg

城内は英語ガイドツアーでのみ見学出来るが、係員に通訳を任された添乗員氏が私達が理解出来る程度までしか訳せずに笑って誤魔化し、なのに係員は私達に「理解出来ましたか」なんて問い掛けてくるものだから、ツアー全員のストレスが溜まる。プロイセン王家の王冠や遺品などの宝物、煌びやかな装飾は素晴らしかったが、各展示室ごとに即座にドアを閉められ、何だか監禁されているような緊張感。部屋も寒過ぎるしで、ここでは見学が早く終わって欲しいと願ってしまった。

17048.jpg

17049.jpg

ホーエンツォレルン城にはレストランが併設されており、私達一行もここで昼食。サラダ、丸焼きチキンにポテトというシンプルなコース。ワインは初めて赤をチョイス。ただ、前日に続いて出たデザートのプリンは、何故かまたもやどろどろのゆるゆる。ドイツのプリンは、私達に馴染みのある形とは別物なのか?

17053.jpg

礼拝堂。

17050.jpg

17051.jpg

17052.jpg

パンフレットとチケット。

17055.jpg