インド アグラ城 シャハンギール・マハル~ムサンマン・ブルジュ

ムガル帝国の第三代アクバル帝が1565年に築いた赤砂岩のアグラ城(アグラ城塞)。広大な敷地に歴代皇帝達が築いた宮殿などが建っている。

16129.jpg

アクバル門から入ると、広大な庭に鎮座する妃の巨大浴槽ロイヤル・ハンマーム、その向こうに第四代シャハンギールと妃が住んでいた宮殿、シャハンギール・マハル。

16130.jpg

宮殿内部、というか屋根がないので中庭のような感じ。イスラム教とヒンドゥー教の文化が取り入れられている。

16132.jpg

石造りの梁。

16133.jpg

ムサンマン・ブルジュ(囚われの塔)は、タージ・マハルを建てたことで知られる第五代皇帝シャー・ジャハーンが、息子によって幽閉されていた場所。彼の亡き妻が眠るタージ・マハルを眺めることが出来るが、時にはそれすらも制限され、壁に埋め込まれた鏡でこっそり見るだけの日もあったという。

16135.jpg

16137.jpg

テラスから直接見れない時は、かつて窪みに嵌め込まれていた鏡に映るタージ・マハルを見ていた。

16136.jpg

テラスから遠くに霞んで見えるヤムナー川とタージ・マハル。

16139.jpg

白大理石製。左手にテラスがある。

16148.jpg

涼をとるため、城内のあちこちに噴水がある。

16147.jpg