インド ベナレス ホテル・ヒンドゥスタン・インターナショナル

ベナレスでの滞在先はホテル・ヒンドゥスタン・インターナショナル。

16093.jpg

16094.jpg

16096.jpg

16095.jpg

観光からホテルに戻ると、いつも決まった老スタッフが出迎えてくれた。彼は流暢な英語と片言の日本語を操り、ロビーにフロントにレストランにと、本来の担当部署が何処なのか惑わせてくれる程あちこち出没する。そして、私達と顔を合わせる度に観光の感想を求め、「歩き疲れた」「牛や猿が怖かった」などと伝えると「アリャリャーコリャリャー」と顔を顰めるので、私達は「アリャリャコリャリャおじさん」と呼んでいた。

16098.jpg

食事時も殆ど彼が応対してくれるので、比較的気軽にリクエスト出来た。最初に白米を盛り、数種類のカレーを持って来るので選んで給仕して貰うスタイル。ホテル製のナンが絶品だと伝えると、籠いっぱいのお代わりを持って来てくれた。

16097.jpg

食後のおつまみにと出された、スパイスのクミンシードと氷砂糖。コーヒーやデザートをサービスしてくれたりも。

16099.jpg

カレーばかりでは飽きるだろうからと、中華あんかけ風ごはんなども登場。

16011.jpg

16104.jpg

ただ、コンチネンタル料理と称したホワイトソースをかけただけのものは美味しかったが、日本料理として出された白粥は味がしないし、カルカッタ(現コルカタ)生まれのアイスクリームは凍み豆腐のような口当たりで、おじさんが席を外した隙に食べ残して逃げる羽目に。

16106.jpg

モザイクだらけですいません。さりげにセクハラな手は残しておきました。