インド ベナレス バーラト・マーター寺院

インドを独立させたマハトマ・ガンディーによって創設されたバーラト・マーター寺院。バーラトは「インド」、マーターは「母」を意味し、白い大理石で造られたインドの巨大立体地図が祀られている。

16075.jpg

16076.jpg

16077.jpg

16078.jpg

16079.jpg

一通りの観光を終え、サリーの工場兼土産屋に立ち寄ってからホテルに帰還。

16080.jpg

運んでいるのは乾燥させた牛糞。燃料として使う。

16091.jpg

ホテルや観光先などで飾られていたヒンドゥー教の主な神々。インドでは人口の八割がヒンドゥー教徒。シヴァは三最高神の一柱で破壊神。

16086.jpg

ガネーシャは、シヴァとパールヴァティーの子供。象の頭を持つ、商売と学問の神。

16085.jpg

ハマヌーンは、インド古典「ラーマーヤナ」に登場する猿姿の神。

16087.jpg

others

  • ヴィシュヌ ... 三最高神の一柱で維持神
  • ブラフマー ... 三最高神の一柱で創造神
  • パールヴァティー / ドゥルガー ... シヴァ神の妃。山の女神、または戦いの女神
  • ラクシュミー ... ヴィシュヌ神の妃。富と幸運の女神
  • サラスワディー ... ブラフマー神の妃。弦楽器を手にする、学問と芸術の女神