インド ベナレス ドゥルガー寺院

ドゥルガー寺院は、ヒンドゥー教の三最高神の一柱であるシヴァ神の妃を祀っている。妃は幾つかの名前があり、シヴァの妻としては山の女神パールヴァティーになり、パールヴァティーが変身したドゥルガーは血の生贄を求める戦いの女神とされる。

16059.jpg

そのため、外観は真っ赤。また、猿が多いためモンキー・テンプル(猿寺)とも呼ばれている。猿達は観光客に構わず塔の縁を悠然と歩いているが、実は結構狂暴らしい。ヒンドゥー教徒以外は境内に入れないため、私達は二階の回廊から見下ろすだけの観光だったが、塔にへばり付く猿と同じ目線に居るので、襲われやしないかとびくびく。

16060.jpg

16061.jpg

16125.jpg

16062.jpg

16063.jpg

16064.jpg

道端で頻繁に出くわす牛ですら怖いのに、猿なんて絶対無理!

16092.jpg

16089.jpg

16090.jpg