スイス ルツェルン 瀕死のライオン像

リヒテンシュタインからライン河を越え、スイスに入国。ルツェルンまでは山間ドライブ。

13103.jpg

瀕死のライオン像は、ルツェルンの見所の一つ。嘆きのライオン像、ライオン記念碑とも呼ばれる。1792年にフランスのテュイルリー王宮で全滅した786人のスイス傭兵を偲び、岩壁を彫って造られた。傍らには折れた槍と盾。ライオンの表情が苦しげ。夏に一ヶ月に渡って開催されるルツェルン音楽祭の時には、ここも会場の一部になるという。

13106.jpg

13105.jpg

自然博物館。外観のみ。

13107.jpg

滞在先のアストリア・ホテル。手動式エレベーターだった。

13122.jpg

夕食はホテルのレストランにて。美味いのはワインだけ。

13123.jpg

ロイス川沿いのライトアップ。旧市庁舎と、二つの尖塔を持つホーフ教会。

13120.jpg

テラスが賑わう旧市庁舎。

13125.jpg

イエスズ教会。

13126.jpg

通りすがりのホテルの壁画。

13121.jpg