兵庫 神戸・北野 オランダ館

バイキング船や人魚姫のレプリカ像、アンデルセンの歴史などを展示している「デンマーク館」。

神戸

「ウィーン・オーストリアの家」は、モーツァルト、ハプスブルク家などの歴史展示物が中心。皇帝陛下のためだけに作られていたというインペリアル・トルテが人気で、日持ちする小さいケーキを購入。箱のサイズは6x6x5cmで、1100円。しかし、旅行後に自宅で食べたら不味かった。相方が買った5,000円以上した大きいサイズのものも味見させて貰ったが、こちらは普通に美味しかった。見た目では生地に然程違いはなく、コーティングされているチョコレートの種類が違う程度。まさか、賞味期(以下略

神戸

「香りの家オランダ館」では、オリジナルの香水を作って貰った。9mlで3,100円。私は程好い甘さがミックスされたオリエンタルな香り。

神戸

神戸

デンマーク館、ウィーン・オーストリアの家、香りの家オランダ館はそれぞれ至近距離にあり、三館共通券で入場。

神戸

北野異人館地区を離れてから十数分後、私達は日本三大夜景の一つ、神戸の夜景を堪能していた。ホテルに帰ろうとしてつかまえたタクシーの運転手に、夜景が見れるスポットが近くにあると勧められ、その案に乗ったのだった。

02a021.jpg

運ちゃんは見所を事細かに解説してくれた。山の上から見ると、神戸の街が横に長いことが良くわかる。少しガスがかかっていて見えなかったが、遠くは大阪や、もっと先の方も見ることが出来るらしい。周辺を散策していると、特徴のある展望台。以前テレビ番組で神戸の心霊スポットとして紹介されていた、ビーナス・フォートという場所だった。ちょっと複雑。

そしてタクシーに戻ると、私達が離れている間もメーターが動いていた。確かにそれが当たり前なのだろうが、普段タクシーを待たせたりする機会がないので失念していた。エンジンが切られていたので、油断もしていた。成程、寒くて帰りたがっていた私達に、もう帰るの? と何度も足止めしようとしていたわけだ。

お陰で私達のテンションもだだ下がり。神戸はパンが美味しかろうが旅行初日だから持って帰れないし、靴が安いと聞かされても惹かれない。挙句、北海道から来ているから興味無いと言っているのに、寿司屋をしつこく勧めるのはマイナスだと思うよ? タクシー代は三人で割り勘して800円程度で済んだからトータルでは安いものだが――何だかなあ。

02a025.jpg

02a024.jpg

02b104.jpg