のろわれた地下庭園

未攻略ダンジョンも残すところ数箇所。美味しいもの(レベルを上げ易く、アイテム満載の、いにしえの闘技場)を食べつつ、嫌いなものを片付け、美味しいもの(と言えるかは微妙ではあるが、最長999階モノ)で締めようというわけで、新たに目指したのは「のろわれた地下庭園」。

仲間モンスターとアイテムの持ち込みは不可。最下層は30階なので、短め。最もHPが高い敵モンスターは、HP90のデンデン竜。ダンジョンの入口は「盗賊王の迷宮」18階の鍵付き扉なので、レベルを上げてから突入すれば良い。

しかーし! 私はこのダンジョンが嫌いだ。

何故ならば、ダンジョンの視界が悪いから。地下庭園という名の通り、明かりが乏しくて全体的に暗い。他のダンジョンは平面に近いし、一度通った通路や部屋は常にマップで表示される。対してこのダンジョンは、部屋の造りが立体的で、マップ表示がない。右へ行ったり左へ行ったり、一度通った部屋なのか、曲がり曲がって戻って来てしまったのか、頭の中でマップをイメージしながら進むことになる。辺りを見渡すために画面を回転させようものなら、自分がどの通路からその部屋に来て、どの通路が未散策なのかが分からなくなったり。

愚痴っていてもゲームをクリア出来るわけでもないし、もし失敗すれば二度とやる気が起きなくなりそうなので、一発でクリアすべく「盗賊王の迷宮」経由のレベル40で攻略スタート。

ただ、レベルが高く、敵モンスターを素手で倒せてしまえる程なので、仲間モンスターを入れるのは一苦労。暫くは一人で大丈夫そうだが、後半からは一ターンで倒せなくなるので、乗せる系の仲間が欲しい。捕獲の際、与えるダメージの数値が固定しているトンネルの杖、ふきとばしの杖が役に立つ。ガーゴイルショップで上モリーの壷を買った後の九階でモコモコ獣メスの「もこりん」を、次の階でも交代要員に「もこりん2」を仲間に入れた。って、どんだけ「もこりん」が好きなんだ!(笑)

最初の装備品はいずれも十階にて、稲妻の剣と青銅の盾を拾った。目薬草も入手出来たし、魔弾反射用の人食い箱も仲間に入れたし――と油断して、何気なく読んだのが「大部屋の巻物」。マップ表示がないので、床面積が広がると階段を探すのが大変になるのだ。今回は割とすぐに階段が見付かったので事無きを得たが、通常面積の部屋に居てすら階段は見分け難かったりするので注意が必要。

BOSS 冥王の影はシャドー系統なので、目薬草かよくみえのお守りが欲しいところ。無ければ無いで、部屋の隅に移動して残った三方向へと適当に武器を振り回していれば当たるから、何とかなる。お供に連れている腐った死体四体はうざいが、それ程困るような戦闘ではない。

124.jpg

今回の冒険の結果 156回目 : のろわれた地下庭園 探索に成功した!
  • ヤンガス Lv.41 ... HP238、2705G、力65、守63、回避62、運の良さ56
    稲妻の剣+2(サ)、青銅の盾+1、呪い避けのお守り
  • もこりん@モコモコ獣 Lv.11
  • もこりん2@モコモコ獣 Lv.10
  • ボクセル@人食い箱 Lv.9
所持品 : 保存の壷、回復の壷、通過のお守り、値切りのお守りなど
収穫物 : 最深部で黄金の矢、シドーの魔石

初回プレイ時、「大部屋の巻物」では散々な目に合っている。一度目はレアな剣イーグルアイを手に入れ、浮かれて秘密の通路に入ったところで読んだのが拾いたての大部屋の巻物で、マドハンドが次々と仲間を呼ぶのでフロアを歩く余裕がないままに制限時間切れ。二度目は通常フロアで敵に邪魔されることも無かったのに、一歩一歩探しても何故だか階段に行き当たらずにジ・エンド。

視界に映る石畳や石垣はリアルで、冒険している感じを味わうには最適のダンジョンではある。しかし、私はもう充分。(の割りに、今回で四度目の挑戦となったのだから、私ってM?)

このダンジョンでの反省点。

  • 巻物は階段の近くで読め! どのダンジョンにも言えることだが、ここでは特に。