しゃくねつの大洞くつ

カンダタのお宝を求めての第三弾は「しゃくねつの大洞くつ」。道具類やゴールドの持ち込み、仲間を伴うことは出来ない。入手可能な武器は、銅の剣か棍棒のみ。モリーの壷は全く出ないので、身一つで挑むことになる。

というわけで、ヘタれな私は前ダンジョンと同様に「しゃくねつのほら穴」から潜入し、最深部16階で武器や盾を倉庫の壷に入れ、仲間を牧舎に「返す」。ダンジョンじいさんのフロアだと仲間と「別れる」になってしまうので、その前の段階で「返す」点に注意。

レベル17、HP107で攻略を開始。一階で回復の壷を拾った。一階と二階は(多分)罠もなく、出て来る敵もスライム程度なので、素手でさくさく倒して突き進む。三階以降は一歩ごとに罠の有無を確認。面倒ではあるが、お宝探しのため、地道にこつこつと。

四階のガーゴイルショップで、このダンジョンで一番有効な真紅の盾を発見。しかし、まだ低層階のため、お金がない。溶岩石だけは大量にあるが、それらと自爆の杖二本を売った程度では賄えない。ダンジョン攻略に唯一与えられた大きなパン、せっかく拾った回復の壷、薬草、火炎草まで全て売り払って、代金2400ゴールドをぎりぎりで用立てた。攻略本などでは「泥棒」を勧めているが、階段も遠いし、チキンハートなので無理。挑んだところで何らかのミスを犯し、ガー様に瞬殺されるのが落ちだろう。

アイテム欄が真紅の盾だけという状態で五階に降りると、まるで用意されているかのように回復の壷が再び落ちていてくれた。ガーゴイルショップもあり、フロアで拾った石と草を売って、保存の壷を購入。保存の壷は次の六階でも買えた。

しかし、パンがない。真紅の盾のお陰で敵からのダメージも軽減されているだろうし、四階で見付けたのが最初で最後だったので買って正解だったと思うが、やっぱり食料は重要だ。棍棒も拾い、他のアイテムは割と充実しているのに、こんなつまらないことで死にたくないよー!

ついに胃袋が空になり、歩く毎にHPが減っていることを示す赤い字が点滅し始めた。ぎりぎりまで粘って回復の壷でHPを補いつつ、誤魔化し誤魔化しで進む。いつもは一つで十分だからと邪険にしていた回復の壷だけは、何故か三つも拾えていた。フロアの全部屋を探索する余裕もなく階段を目指し続け、やがて予想外にリリパットが大きなパンを落としてくれた。その後はフロアで普通に出始めたが、本当に死ぬかと思った。

ただ、秘密の通路に行けば玉葱マンがいるので、大きなパンを難なく拾える。その代わりというか、他の敵が強い。スマイルロックに爆弾岩、メガザルロックが揃って出現。爆弾岩クラスですら一撃では倒せず、階段を降りたらモンスターハウスという状態で命からがら生き延びたこともあって、秘密の通路は一度潜っただけで終わった。

通常のフロアでは、その爆弾岩が19階から最終階まで登場。リリパットが落とした矢を拾い、爆弾岩に打ち込んで誘爆させて上手く一掃出来れば気持ち良いが、私が最も嫌いなアイテム弾きを使って来る骸骨剣士や亡霊剣士がいるから、少し神経を使う。

BOSS ヘルワームとキャタピラー二体戦は、いつもとは違って聖域の巻物を入手出来ないまま臨むことになった。とりあえず一歩下がって溶岩岩、続いてはりつけの巻物を読み、溶岩岩をもう一個投げ、ヘルワームだけが残ったところで打撃を一発お見舞い。思ったよりもあっさり撃破。黄金のブーメランと、最後のお宝「カンダタのマント」を手に入れた!

124.jpg

今回の冒険の結果 108回目 : しゃくねつの大洞くつ 探索に成功した!
  • ヤンガス Lv.22 ... HP134、1397G、力36、守37、回避39、運の良さ32
    棍棒+1、真紅の盾
収穫物 : 真紅の盾、小さなメダル、このダンジョンにしか落ちていない自爆の杖など

溶岩岩で破壊しながら進むのが爽快で、私はこのダンジョンが結構好き。ボンバー!