断崖を舞う巨鳥

九十九折の細い道が続く、如何にも面倒臭そうなダンジョン。広場を横切るような箇所が少ないので、走る距離が長くて時間も掛かったような気がする。

407.jpg

途中で生死不明だった兎耳ガールと遭遇。てか、幽霊ではない生身版船長も登場。オープニングで登場した時の船長は主人公を庇ってくれたりで、男気のある立派な人という印象だったけれど、幽霊仕様を見たからか、よく見ると顔の造りとか特に目が気持ち悪いかも。

モンスターから逃げるために山に入って行った兎耳さんと船長を追い、ひたすら上を目指すと、ジャミラス登場。このダンジョンのボスではないが、ダメージの値が大きめ。薬草などでの後方支援が欠かせない。

ジャミラス戦に無事勝利したのに、兎耳さんが連れ去られてしまう。助けるため、更に崖上り。しかし、途中にあった宝箱から転生の杖を入手したので、配合のために飛行船に帰還。

というわけで、元の種族のままで配合し直したシーメーダとカバシラーがある程度強くなってから、最上部でBOSS ゲモン戦。DQ8の時と同じくビジュアルは白黒で、ジャミラスよりちょっと強い程度。スクルトをかけておけば楽勝という感じだった。

  • カバシラー Lv.19
  • ベビーパンサー Lv.21
  • おおうつぼ Lv.17
  • シーメーダ Lv.20 ... など

前作のデータでは成長が最も早く、戦闘では先制攻撃してくれるし、全体攻撃出来る鞭を装備可能なシーメーダを活用しており、今回もとりあえずシーメーダ頼り。勿論、本作からのお気に入りのカバシラーも、転生の杖を持たせてカバシラーのままで配合を重ねる予定。こちらはメタル狩り要員。

ゲモンを無事に倒したものの、あの神鳥さんが上空を舞ってたり。後に戦うことになるらしい。

posted on May 14, 2010  DQMJ2