ムチムチむちうち団と99魔王

DQ9プレイヤーは周囲に多くいても、すれちがい通信の人数稼ぎや、Wi-Fiショッピングを利用させて貰うため一時的にマルチプレイ状態にするのがせいぜい。とはいえ、身内にプレイヤーがいる私は恵まれている方ではないかと思う。ほぼ毎日数十分程度一緒に遊び、マルチプレイ100時間以上で貰える称号「ムチムチむちうち団」を何とかかんとか手に入れた!

409.jpg

でも、マルチプレイに関する称号は五つ。全て得るには、毎日一時間遊んだとしても、後三年は掛かりそう。

  • ムチムチむちうち団 ... 100時間以上
  • 星クズの旅団 ... 250時間以上
  • 太陽の旅団 ... 500時間以上
  • 悠久の旅団 ... 750時間以上
  • 伝説のキャラバン ... 1000時間以上

と、遠い目になりかけていたある日、ひょんなことから四人でマルチプレイをするという計画が持ち上がった。

マルチプレイにおける利点

  • 各自が「盗賊の秘伝書」を持つと、アイテムを盗む確率が四倍(人数分)になる
  • 称号のための時間稼ぎ
  • Wi-Fi通信で追加クエストを受信していない場合、他人のDSを通じて取得可能
  • 他人のWi-Fiショッピングなどを利用出来る ... 他

反省点

  • 計画前に目標と戦闘方法をきっちり決めておく。これが一番身に沁みた
  • マルチプレイ終了時でなくとも、相手先の教会にて時々セーブしておく ... 他

プレイレポ

私のレベルは全職業99、残る二人も一部の職を除いて99。そして、もう一人は全ての職が★マークで、魔王地図も全て自力でレベル99まで育て上げたという超ゲーマー兄さん。そんな猛者に従うのが当然という流れなので、彼をホストにして、私達三人がゲストで乗り込むことになった。

猛者はマルチプレイの時間を稼げればという程度だが、他三人の目的はオーブ狩り! 何せ、宝の地図で魔王と戦うのですら大変なのに、オーブを落とす確率も鬼畜過ぎる!

どの魔王と戦うかで挑む職業の割り振りも決まるが、猛者の僧侶は種を注ぎ込んでHP999だというので、これまた回復役は無条件で彼に決定。パーティーに必ず一人以上は要るのに守備力が低い僧侶や賢者でも、HPがそれだけあれば万全。私などは攻撃面ばかりに気が行きがちで、私だったら多分バトルマスターに種を使っているところだな、と猛者に感心していたら――よくよく見れば、HPだけではなく、MPも力も守備力も、とにかくモンスターから種を盗みまくって注ぎ込み、全ての数値が999になっているのであった。非力な筈の僧侶の通常攻撃が900台って。ウチの天使ちゃんはバトルマスターで参戦しても半分程度。立場ないよ!

オーブは魔王のレベルが高い方が落とす確率も良くなるので、猛者の勧め通りにレベル99の地図に挑戦。持ち物に入れておくべきは「盗賊の秘伝書」、痛恨即死を防ぐ「盾の秘伝書」は必携、オートカウンターが付く「戦士の秘伝書」、タブル攻撃の「バトルマスターの書」、瀕死時の会心率アップで「レンジャーの秘伝書」も出来れば所持。魔王戦はフォースが必須だというので「魔法戦士の秘伝書」も誰か一人以上は持っておかなくてはならない。他には世界樹の雫を一つ、世界樹の葉たくさん。って、先生、持ちきれません!

こんなに準備万端でも、「99魔王」はそう簡単には倒れない。ちなみに、私が戦う時は、へっぽこ「パラディンガード戦法」を用いている。30分近く延々続くこともあるが、パラディンガードがかかればこっちのもの。大抵は勝てている。

  1. パラディン三人と僧侶で挑み、全員でひたすら大防御
  2. パラディンの誰かに「必殺」が掛かるのを待ちつつ、僧侶で時々ベホマズン
  3. パラディンガード中のキャラが仁王立ち、他三人が攻撃
  4. パラディンガードが解けたら、1に戻る

これに対し、猛者はとにかくゴリ押し。隼の剣改を装備しての隼斬りで最短で3ターン、大抵は5-6ターンもあれば「99魔王」を倒すのだとか。但し、それは主人公のみならず、他の戦闘要員のステータスも全てMAXにしてあるからこそだと、後で気付くことになる。種を使って強化していない場合はどの程度戦えるのか、猛者は自分が経験したことがないので感覚が掴めていないようだ。

猛者 「あ、殺された」
仲間A 「じゃ、世界樹の葉。って、さっき使って補充するの忘れてた」
仲間B 「大丈夫、こっちで持ってる。あー、あげる前に死んじゃった」
私 「うぅ、残り私一人。パラディンだからひたすら大防御して、必殺掛かるの待とう」
猛者 「パラディンガードかかったら、俺に世界樹の葉してくれれば」
私 「おー任せろっ! って、んんん、眠らされた。死んだー」 (全滅を告げる音楽)

仲間A 「破れかぶれで敵の守備力下げるか。刃砕きっ! あっ、操作間違えた」
他三人 「魔結界ー!?」 (意味不明の特技を見て驚愕。その後、勿論全滅)

そんな感じで、あまりの勝てなさに集中力を切らしつつ、全滅すること数度。それでもとりあえず、その倍は勝利した筈。ところが、オーブのドロップ率が最高レベルの15%、「盗賊の秘伝書」四つでも、入手出来たのはたった一つ。

しかも、オーブgetの瞬間、皆揃って天にDSを突き上げ、喜びを爆発させていたら通信エラーが発生し、猛者の世界から強制送還。私達三人はそれぞれ猛者の世界で猛者に話し掛けてあったからセーフだったが、猛者はしていなかったらしく、それまでマルチプレイした二時間という記録がパー。

結局、三時間近くもマルチプレイしたのに、レベル99の魔王が相手だと一戦に時間が掛かるため、戦ったのは十回くらい。レベル1でもオーブのドロップ率は10%あるし、低レベルでさくさく戦闘回数をこなした方が効率的で、噂通りにオーブがぼろぼろ取れるのではないかと思われる。

トレジャークイーン 主人公 の戦いの記録
  • プレイ時間 1217時間8分
  • マルチプレイ時間 101時間43分
  • 戦闘勝利回数 16294回
  • 錬金回数 2570回
  • 獲得称号数 379個
  • クエストクリア数 165個
  • 宝の地図クリア数 2174回
  • すれちがい来客数 1087人
  • 討伐モンスターリストコンプ率 99%
  • おしゃれカタログコンプ率 94%
  • 収集アイテムリストコンプ率 96%
  • 錬金作成コンプ率 98%
主人公ほど ひっさつわざを 使いたおしている人間は この世に いないんじゃないカナ……。

フィールドにアイテムが沸くのを待ち、何もせずに電源を付けっ放しにしていることが多いため、プレイ時間が無駄に長くなっている。他に私が猛者に勝っているのは、マルチプレイ時間とすれちがい来客数くらい。むしろ、とことんやりこみ派の猛者が、すれちがい来客数を増やさずにいるのが意外。理由は「超インドア志向だから」、すれちがいしに出掛けるという考えがないのだとか(苦笑)。

ここで気付く。マルチプレイも同様に、DS二台を使って時間稼ぎすればいいのでは、と。そして後日、猛者は早速DS本体とソフトをもう一つずつ購入し、この方法で夜通しマルチプレイ状態にしておき、既に私の倍以上の時間にまで到達したらしい。そこまでするか! 恐るべし、超インドアゲーマー!

posted on March 4, 2010  DQ9