伝説の武具を求めて右往左往

伝説の武具はあと一つ。こちらも既に探し当てていたものの、岩山や川に遮られて渡る手段がないまま、私の中ではすっかり忘れ去られていた場所。「地図色付け作業」は楽しいが、行けてもいない場所まで「済」印が付いてしまうのが問題。ともあれ教えてくれてありがとう、マーズばあちゃん!

125.jpg

下の世界 : グレイス城

廃墟。何もない。毒沼を歩き回っても、HPが減るだけで収穫無し。とりあえず、井戸を覗いてみると、例のごとく世界移動。

上の世界 : グレイス城

井戸から外に出ると兵士に見付かり、城内へ連行される。牢屋行きかと思ったら、大事な儀式がある日だから散歩している場合じゃない、と。城内で一通り話を聞き、儀式から城が攻撃を受ける場面までを回想シーンのように体験させられる。

庭の隅に、仲間モンスター用ぶちスライムがいるのでスカウト。ルイーダの酒場に勝手に走って行ってしまったので、後でステータスを確認したのだけれど、これでは使いようがないな。

  • ぶちすけ@ぶちスライム Lv.1
    HP5 MP0 / 力8 素早さ3 身の守り5 賢さ2 格好良さ2 攻撃力8 守備力5 / Ex.0

下の世界 : グレイス城

自動的に現世界に戻され、回想で見た床板を調べても、何も起こらず? 井戸に入ると、兵士に連行される場面からやり直し。件の階段は部屋の隅だし、間違いようがない。世界を二度も行き来して、ギブアップ。攻略サイト様で確認したところ、「調べる」のではなく、ずっと前にイベントで使った「黄金のつるはし」を使って床を「掘る」必要があった。一度きりかと思い、袋の底に眠っていた代物。何故今頃、黄金のつるはし!?

階段を見つけ、最後の伝説の武具となるオルゴーの鎧を入手。上の世界の同じ場所では三つの宝箱に、風神の盾などが入っている。

下の世界 : ロンガデセオ

鼻歌を唄い、楽しげにハンマーを振るうサリィたん。話し掛けると、ちょうどでけたー、というわけで、預けておいた錆びた剣が、伝説の武具「ラミアスの剣」に生まれ変わった。

早速、メタボに装備させようとして操作を誤り、「装備」ではなく「使う」にしてしまった。

ラミアスの剣には 何やら 稲妻のような 印が 刻まれている

他の武具にもそれぞれに印が刻まれているようで、オルゴーの鎧は歩くとHP回復するとの説明書き。集めただけで満足して、効能については全く気に留めていなかったという。

下の世界 : 謎の祠

ここも「地図色付け作業」中に発見済みながらも位置は失念していたため、マーズばあちゃんの指示を仰ぐことに。ついさっき偶然知ったばかりの説明通り、それぞれの武具と床の位置に合わせて印を揃えると、メタボ君がぽーんと空中にすっ飛び――