ひょっこり渡った幸せの国

役に立たない遊び人は戦闘に参加させなければいいんじゃね? ということに今更ながら気付き、踊り子から遊び人に戻ったメタボは馬車に幽閉しておくことにした。但し、仲間との会話が発生しなくなるので、ちょっとつまらない。

125.jpg

上の世界 : カルカド

アークボルトを出発。銀髪剣士様の活躍で開通した洞窟を進むと、陸地に不自然な階段がある。昇ると、下の世界から上の世界へ。地形は全く違うが、似たような洞窟を戻る形で抜けると、カルカドに着く。砂漠の集落というイメージ。

一巡りして建物から外に出ると、自動的に夜になった。夜になると岬に「ひょうたん島」が現れるというので、早速行ってみる。存在を確認し、フィールドを探索し続けていても、朝は訪れない仕様らしい。

島に乗り込み船頭と話すと、桟橋が陸地から切り離される。島、というか船の中にはバニーちゃんがいたりと楽しげ。船内を漁り、最後の樽のところへ行こうとするが、その手前に立つバーテンに話し掛けたのがフラグだったようで、自動的に就寝時刻となる。

上の世界 : 幸せの国

海上をすいすい進む島が面白いーと画面を眺めていたら、次の場面では魔物に蹴り起こされているメタボ君。ええーっ、行き先は「幸せの国」じゃなかったのー!? ただ、浮世離れした人達が住む新しい町を開拓させてくれるのか、程度にしか思ってなくて、本気で騙されていたよ、私。

というわけで、何の準備もなく親玉の前に突き出され、BOSS ジャミラス戦。こちらのメラミ攻撃が効き難い。逆に相手からのメラミは強烈。チャモロが死んだ。隊列がそのままだったので、ゲントの杖を持たせてあるメタボは二軍。残った面子でアモスはひたすら攻撃。ハッサンは攻撃の合間にホイミでなけなしの回復。ミレーユはベホイミ、合間にスクルト。MPが尽き掛けた頃にぎりぎり撃破。あと数ターンかかっていたら、全滅していたかも。

戦闘終了後は、同じく騙されて連れて来られた人達が解放され、その中にはドラクエお馴染みのメダル王も。以後、ひょうたん島を自由に使うことが出来るようになった。

  • ハッサン@大工の息子 Lv.27
    武闘家6、(魔法使い1) / バトルアックス、鋼の鎧、鉄の盾、鉄仮面、疾風のリング
  • アモス@町の英雄 Lv.21
    魔法使い1、(戦士8) / 鋼の剣、毛皮のマント、青銅の盾、鉄兜
  • ミレーユ@謎の女性 Lv.25
    魔物マスター5、(盗賊7、魔法使い1) / 破邪の剣、鉄の胸当て、銀の髪飾り、お洒落なバンダナ
  • チャモロ@ゲント族 Lv.23
    魔法使い4、(僧侶8) / モーニングスター、鋼の鎧、魔法の盾、木の帽子、金のブレスレット
  • メタボ@村の少年 Lv.26
    遊び人6、(踊り子5、魔法使い1) / バトルアックス、精霊の鎧、鉄の盾、鉄仮面、金の指輪
  • バーバラ@家出娘 Lv.20
    僧侶2、(魔法使い8) / チェーンクロス、踊り子の服、毛皮のフード、金の指輪

「ひょうたん島」を操り、まずは上陸出来る場所を潰しにかかる。地図に色が付いて行くのが楽しい。メダル王の城も探し当て、またもや新たなる不自然な階段も発見し、再び下の世界に戻る。そう言えばと思い立ち、下の世界の地図も可能な限り色を付けようと、こちらは「神の船」で回れるだけ回ってみた。そんな寄り道ばかりで、レベルが無駄に上がってる状態。