リボンたなびく謎の女性

関所を開けて貰い、世界が広がった。しかしまあ、片やメタボ、片や筋肉。暑苦しい組み合わせだ。

125.jpg

森の教会

無料で泊めてくれたDQ8でのククールのようなイベントは無し。

木こりの家

こちらはDQ4が思い出される。木こりは皆ツンデレ風味なのが定番なのか? 「はい」と「いいえ」を何度も適当に試していたら、あれよあれよという間に話が進み、ハッサンが一人で小屋を造っちゃった。手助けが要らないなんて怪力、というか器用じゃのー。

川の抜け道

宝箱から青銅の盾を入手。メタボに持たせておいた。洞窟を抜け、くまなく歩いた後に怪しげなフィールドに突っ込み、見たことのある大穴を発見。とりあえず、落ちてみる。

下の世界 : ダーマ神殿

再びの「下の世界」。廃墟になっているダーマ神殿には怪しげな井戸があり、また何かのモンスターが出るんじゃないんだろうな? と疑いながら入ってみると、上の世界に戻れた。でも、上の世界の大穴からまた落ちて来て、廃墟から次の場所を目指す。

下の世界 : サンマリーノ

こちらの世界では、相変わらず半透明仕様なメタボ、そしてハッサン。町を巡るぐらいしか、することがない。見落としがちな場所にある樽から、鉄の爪が出て来た。ハッサンに装備させる。しかし、メイドのイベントは気分の良いものではないね。

船着き場でミレーユと遭遇。このゲームをプレイする直前、DQ9のゲストにミレーユが登場して「リボンたなびくミレーユの服」とか貰ったのだけれど、リボンに針金でも入らないとあの形は維持出来ないだろう。彼女の存在自体に加え、服の造りも謎。

下の世界 : マーズの館

ミレーユに連行されて、おどろおどろしげなバーチャンの館へようこそ状態。とりあえず一晩休ませて貰い、目覚めてから二人を無視して館を出る。特に何も起こらず、普通にフィールドを歩ける。が、館の庭にある井戸からは、モンスター井戸魔人が出て来た。井戸は危険なもの、と刷り込まれていたのに、もう忘れている鳥頭な私。まあ、何とか勝てたけど。戦闘後、メタボがレベル11に、ハッサンが10に上がった。

館に戻って話をすると、半透明仕様の身体を何とかしてやるから「夢見の雫」を取って来いと言われる。ご丁寧にも薬草十個を渡されたぐらいにして、ダンジョンで闘って来いという意味なんだな?

下の世界 : 夢見の洞窟

マーズの館からは、ミレーユが案内人として付いてくれる。戦闘にも参加してくれるが、「仲間」ではないので命令は出来ない。スカラばっかり唱えているので、ちょっと微妙な気分。しかも、計らずして結構な戦闘回数をこなしたのに、レベルは据え置きで上がらなかった。

最深部でBOSS ブラディーボ戦。光を放って来ると時々目が眩むが、次ターンにはすぐ直り、殆ど影響は無かった。最初にルカニを二度使い、回復を挟みながら、労せずして勝利。

「夢見の雫」を持って館に戻ると、マーズばあちゃんが身体を生身に戻してくれる。そして、新たな旅立ちにミレーユが加わることになる。

  • ミレーユ@謎の女性 Lv.5
    HP63 MP50 / 力12 素早さ35 身の守り25 賢さ45 格好良さ76 攻撃力24 守備力38 / Ex.354 / ブロンズナイフ、絹のローブ

レベル5からのスタートで、数値も高め。ていうか、ハッサンの格好良さなんてゼロだったからなあ。