船と絨毯と城、ついでにトロッコ

石像へと姿を変えられ、風雪に晒されること八年。

121.jpg

グランバニア城

地図右下の島にある金持ちの庭に転がされていた主人公を、サンチョと双子がやっと見付けてくれました。しかし、同じく石像にされた妻デボラは何処へ? というわけで、次は成長した双子をお供に従えて、デボラ探しの旅の始まりー。

  • よしひで@主人公の息子 Lv.5 ... モーニングスター、鋼の鎧、マジックシールド、鉄兜
  • まいこ@主人公の娘 Lv.5 ... 魔封じの杖、安らぎのローブ、鱗の盾、毛皮のフード

「天空の剣が装備出来たよ」と報告して来た息子に剣、既に入手済みの天空の盾を装備させ、すぐにテルパドールにも連れて行き、天空の兜も入手。娘にはママの置き土産、水の羽衣などを与えておく。

海の神殿

主人公が浦島太郎になっている間に、船が外洋に移動していた。せっかくの心遣いだが、モンスターとの戦闘続きで面倒なので、真っ直ぐ目的地へ向かうことにする。しかし、この神殿というか洞窟、大した宝もないのに曲がりくねっていて長く感じる。しびれくらげが二体も仲間に入って来たけど、連れ歩く気もないし、二体目は寂しそうに去って貰った。

エルヘブン

重要アイテムを二つ入手。まずは魔法の鍵で開けられる扉の宝を回収しに、世界を巡る。が、アルカパの酒場、ポートセルミの宿屋、グランバニア城だけ? 城にあった星降る腕輪ぐらいしか良い物が無い。

それから魔法の絨毯を使い、地面を這うように移動。主人公が八年間置かれていた島、エルヘブンがある大陸の最果ての祠、北の海に面している主人公が競売にかけられた会場などを巡ってみた。

天空への塔

地図中央にある岩だらけの島の岩の隙間を抜けて到着。絨毯で移動している間は敵に襲われることはないし、塔の中に入っても敵モンスターがあまりにも出ないので拍子抜け。天辺でマグマの杖を貰う。

地下遺跡の洞窟

グランバニアとエルヘブンの間くらいに位置する山の前で、マグマの杖を振り翳す。おお、湖の中に城が沈んでいるのが見えるよ。洞窟内は線路が張り巡らされており、ポイントを切り替えながらトロッコで移動して行く。サターンヘルムとの戦闘で呪いをかけられるのがうざいが、途中に回復ポイントもあるし、トロッコは結構好き。よしひでのレベルも上がって来たので、戦闘メンバーとして表に出し、遊園地気分で親子でトロッコ。

天空城

洞窟の無限トロッコでぐるぐる回っていたプサンを助け、彼を連れて水没している城に潜入。プサンに話し掛けると、空に浮かんでいた城が落下した場面か、幼少期にビアンカと探検したレヌール城、パパス最期の場面などの回想が流れる。それをヒントによろしく頼むわー、とプサンに言われ、城を浮上させるために必要なゴールドオーブを探しに行くことに。

迷いの森

これがまた本当に迷って、何処をどう進んで妖精の村に辿り付いたやらという状態。まあ、着けばいいのさ。妖精の国は少し様変わりしていて、ドワーフの洞窟にいたザイルに話し掛けると仲間に入って来た。こいつは「盗賊の鼻」くらいで、戦闘メンバーとしては微妙。氷の館はすごろく場になっていたが、とりあえずスルー。

妖精の城

幼少時にも会った村長ポワンに妖精のホルンを貰い、天空への塔の北にある湖へ。中央に浮かぶ蓮の前でホルンを吹く。蓮を越えて吹いても、景色は変わらない。

城では妖精の女王と面会し、「光るオーブ」を貰う。そのままでは「ゴールドオーブ」の代わりにはならないが、飾られている絵画から「幼少期の自分がいるサンタローズ」へワープ! 話掛けると「オーブを摩り替えますか」というコマンドが出たので「はい」でミッション完了。つまり、幼い自分を騙して、ゴールドオーブを手に入れたというわけ。

昔に天空城から落ちたゴールドオーブそのものを持って、プサンに渡すと、天空城が復活。空に浮かんだ天空城を操作して、好きなところに行ける。とはいえ、魔法の絨毯を使って行けなかった場所は残り二つだけ。主人公が奴隷として働かされていた謎の神殿は、岩山の上にあり、天空城はそれよりも低い位置を飛んでいるらしい。突っ込もうとしてもつっかえてしまう。分かっちゃいるが、突っ込みたいんだよ! だって、そこにはもう一体の石像がある筈で、それを探す旅をしているわけであり。ああ、毒舌が恋しいなんて、飼い慣らされてしまってるな、コヤツめ!