第245首 歌に意味に情景に引き寄せられる

千早、新ともに「ちは」札を取った。小学生の時の言葉、「あれは名人になるやつだから」「じゃあ綾瀬さんはクイーンやの」の実現に近付く一歩だ。

やっと やっと 迎えにきたよ 迎えにきたよ

沸く千早応援団の部屋から、そっと出る太一。太一はロビーの椅子に座り、「ちは」札を取るイメージで素振りしていた。会場の歓声に振り向いたところで、花野が柱の陰で泣いているのを見つける。

「ありがとな 花野さん かるた部に入ってくれてさ 筑波もさ」

千早は二人について話していた。

初めてできた私の後輩 優しくて 人の弱さに共感できるふたり 花野さんと筑波くんが作るでこぼこな部室は きっと私が作った部より 居心地がいいよ

「はなの」「あきか」が読まれ、千早が取る。しかし、続く「おおえ」を敵陣から取れず、3-2の劣勢。若宮が千早に何かを囁いている。周囲が訝しむ中、千早がタイムを取って水分補給。次の「かさ」は若宮が千早陣から取り、若宮が残り一枚となるが、「つく」「たご」を千早が連取。

かなちゃんがくれた大きなものに 歌に意味に情景に 引き寄せられる そこがどんな荒野でも

名人戦側は目の状態が良くない周防が、涙を流しながらサポートしてくれる須藤の気持ちに応え、どうにか粘って接戦。そして何と、クイーン戦名人戦、両試合が運命戦という展開に。

49.jpg

memo

五試合目の最終盤、あとは最後の一枚を取るのみという場面迄。「はなの」で菫、「あきか」で筑波、「つく」で机くんと肉まんくんが纏めて登場し、瑞沢部室にいる姿が描かれている。そして、かなちゃんの「たご」も来た。となれば、残りの「たち」もと想像するが、太一は先に退部済みなだけにどう扱われるのか。しかし、札の出方についていろいろ想像して来たが、いまいち当たっていないw

太一のロビーで素振りは、第5巻第27首で千早が詩暢に敗れて泣きながら素振りをしていた場面とシンクロしている。ソファ―の設置場所も同じ、座っていた位置も右端から二番目で全く同じ。あの時に千早の「クイーンになりたい」という夢が本物になったわけで、太一も同じように決意した表現と受け取れる。

千早の台詞で回想される「私の後輩」では、菫ちゃんではなく花野さん呼び。でも、「優しくて人の弱さに共感できるふたり」とあり、彼等が入部して間もなくの時期とは考えにくい。花野さん呼びで「はなの」札と結び付ける意図かもしれないが、これまでも坪口さんに広史さんなど、作者様の表記揺れが度々あるのが気になっている。私が細かいのか?

千早が敵陣から「たご」を取った場面、千早陣右に「たち」が見える。一方、新も敵陣の「たご」を取っている場面で、新陣左に「せ」と、右側にも札が見えている。これは残りの手持ちから判断して「たち」の筈。というわけで、一枚ずつを持っての運命戦だが、新のところに「せ」と「たち」の二枚があり、敵陣の「たご」を取った分の送り札が描かれていない。千早も敵陣を取って運命戦に持ち込んだのに、送り札まで描かれていない。

つまり、千早と新ともに、「せ」と「たち」のどちらかを敵陣に送らなくてはならない状態。新告白の回、第23巻第119首にて千早が新に「手に入れたいものほど手放すの」と話していたが、運命戦という局面でもそれを実行するのか。思い入れのある札はどちらなのか、どう扱うのか。

「せをはやみ」は、新の回想でも散々触れられて来たが、小学生千早が最初に取った札。この漫画において最初に描かれている札なら、最後を締めるにふさわしい。逆に、読まれずその場にぽつんと残されるのも、それはそれで画になる。千早にとっての「せ」は、新ではなく、太一とのエピソードとして語られる。但し「ずっといた」で覆った感があるので、執着する程では無さそう。ここでもまた、新との認識のずれが気になるところだ。

「たちわかれ」はご存じ、太一の札。新は「たち」と聞き、太一を連想するかは不明。気になるのは、第30巻第154首の扉絵で、トランプのマークをモチーフに描かれていた太一がジョーカー=ババ札だった件。読まれないのは「たち」なのか。

読まれた描写のある札は、79枚目との表記付きで「ちはやぶる」、続いて「みせばやな」「ながからん」「はなさそう」「ひさかたの」「はなのいろは」「あきかぜに」「おおえやま」「かささぎの」、そして91枚目が「ゆらのとを」、「みかきもり」「つくばねの」「たごのうらに」。


第49巻終了。表紙で太一と共に描かれているのは蓮。花言葉は「清らかな心」。他に「休養」「神聖」「雄弁」「沈着」、そして気になるところでは「離れゆく愛」というのもある。コミックス折り返しにある作者様の解説に「泥中の蓮」と出て来るので、泥から関連する「清らかな心」が一番しっくり来るかと思う。また、裏表紙には先に雑誌表紙としてお目見えした千早が描かれているが、表紙絵との一枚絵のようにデザインされており、千早の髪に飾られているのも蓮の花。つまり、お揃い。

折り返しの歌は、この第245首で新が取った「みかきもり」。巻末おまけ漫画は、北央勢が語るかるたと須藤。

share