第239首 その嘘でここまで来た

新はソースかつ丼を完食。近江神宮の境内から試合会場まで、太一と走る。

じいちゃんの強さを借りて 名人戦の怖さから逃げようとした

新は太一に、試合に勝って欲しいというメールは本心なのかと問う。

「負けたやつの戯れ言だよ あんなの おれもう なんにもできないから 新に押し付けたんだ 忘れていーよ」

そう言って、太一は新の背中を玄関へと押し出す。

周防さんを長崎に帰したい 千早の夢が叶うのを一番近くで見たい なんにも叶わない 近江神宮はもう おれの行くところじゃない でも 見たかったんだ

会場から立ち去ろうとする太一を、坪口が引き留める。


新は遅れて会場内に入る。

かるたをやめたくなるような強さがあるなら かるたを続けたくなるような強さだってあるはずだ

新は若宮から預かった襷を返すが、彼女は落ち着いた様子。新は千早の襷も本人に返そうとするが、千早は首を振る。千早の顔色が悪い。

「…新が持ってて」

新は千早の意思を汲み、千早の肩を軽く一叩きし、千早の襷を身に着ける。


千早が並べる札に「ちは」がある。それに見入り、千早は気付く。

経験者はこの札を「ちは」としか呼ばない

小学生の時、新はその札が「ちはや」と見えると教えてくれたが。

嘘… かるたを好きになって欲しかった 新の嘘 その嘘でここまで来た この札は「ちはや」だ 私だ

小学生の千早が、自身に語り掛ける。

クイーン戦? クイーン戦に出てるの? ほんとに? すごい すごいね

五試合目の大盤係は大江。千早の表情が少し緩む。


試合開始直前、千早は若宮の足の状態について、無理せず声を掛けようと提案。

「けしからんって言われそうなこと でも変わった方がいいこと 勇気だしてやっちゃおうね これから先…… 未来のためにさ」

若宮が応える。

「私クイーンやさかい 恥ずかしいことできしまへん 未来のためって言うんやったら 女子が文句のつけようのあらへん強さで5試合戦い切るのが一番や そうやろう?」

48.jpg

memo

五試合目開始直前。小学生新が「ちはや」札と発言したのには、その後で二字決まりと知り、ずっと違和感があった。連載初期だから間違えたのかな、くらいにしか思っていなかったが、設定の一つだったらしい。そんな優しい嘘と、ついに畳に並んだちは札に、どんな説明が描かれることになるのだろう。

千早は耳の感度が良過ぎて、調子が悪いままのようだ。新は襷を持っているコマに「ズキン」と文字が描かれているが、やはり指を痛めているのか。挑戦者側二人のコンディションが悪い。名人周防は通常営業に見える。詩暢もクイーンらしく悠然たる態度。

畳に並んだ札について、千早側が「ちはやぶる」、その上に「あきのたの」が描かれ、大山札が多いとの解説付き。詩暢側でクローズアップされているのが「めぐりあいて」と「せをはやみ」で、「さびしさに」「あらざらん」もおまけ程度に描かれている。

share