旅の指さし会話帳 台湾

台湾にはまる人続出!個性的な景観や街角、食事もおいしく、移動も便利、 それ以上に「普段着の魅力」、「自然体の魅力」が台湾を好きになってしまう理由かも。そんなわけで、台湾【第二版】は、会話を盛り上げるつかみの言葉=文化の勉強まで広げながら、相当に面白く深い仕上がりです。旅の指さし会話帳なら台湾旅行で、ぶっつけ本番で会話ができる!厳選の使える台湾華語を3000語以上収録。

0774.jpg

相方がこの本を台湾に持って行ったが、現地の老ガイド氏はざっとめくって「載っている言葉が古い」と言っていた。Amazonレビューで指摘している人はいないし、コミュニケーションに問題も発生していないようなので、気にすることはなさそうでもあるが。

ハンディ版の「mini」のタイトルは「台北」となっている。