トルコ パムッカレ・ヒエラポリス遺跡

トルコ語で「綿の城」を意味するパムッカレ。真っ白な石灰棚が有名な世界遺産で、多くの観光客が訪れる。いつもに増して早く朝七時半にホテルを出発し、バスを走らせること五分で石灰の岩肌が見えて来た。

28108.jpg

三箇所ある入口のうちのパムッカレ村側。私達は山の上にある入口を目指す。

28109.jpg

中央辺りがパムッカレ村側の入口方面。

28113.jpg

とりあえず板張りの遊歩道を歩く。

28111.jpg

28119.jpg

訪れた観光スポットの正しい名称は「ヒエラポリス―パムッカレ」。世界遺産(複合遺産)で、石灰棚の上にはローマ帝国時代に栄えたヒエラポリス遺跡がある。時間が無かったので散策道から幾つかの建物を見る程度だったが、円形劇場、ネクロポリス(墓地)、大浴場、神殿や教会、バジリカなどが点在している。

28126.jpg

28125.jpg

28127.jpg

ヒエラポリス博物館。

28128.jpg

何故か犬が何匹も居た。

28297.jpg