増毛町 國稀酒造~羽幌町 はぼろ味まつり

札幌駅を出発し、増毛町の國稀酒造で休憩。スケジュールにここが含まれていたのが、バスツアーに参加した理由の一つだった。自家用車だと諦めねばならない試飲が出来るから。

北海道100801.jpg

北海道100802.jpg

人気の「暑寒美人」は売り切れていたので、國稀酒造本店限定販売の「暑寒しずく」を購入。

北海道100803.jpg

時刻は午後11時半頃。まつり開催中の羽幌町に到着。路上駐車もさることながら、屋台のテントの数も来客数も凄そう。

北海道100804.jpg

と怯みながらもすぐ、大目的の焼尻産高級サフォーク羊の限定販売屋台へ向かった。前月の旅行時から狙っていたし、絶対逃すわけにはいかない!

北海道100807.jpg

焼いてある骨付きサフォーク(二本で600円)の他、冷凍パックも一つ購入。次に注文していた同じツアーらしきオバサンは、残り少ないパックを浚うかのごとく五個購入。思わず「うわ豪快」と呟いてしまった。オバサンは「珍しい物なんだから、このぐらいどーんと買わなきゃ」なんて笑っていたけれど、一パック100グラムで1,400円もするんですぜ。

北海道100805.jpg

他に屋台の目玉になっていたのが、札幌のスープカレー人気店「らっきょ」の店主自らが腕を振るう甘海老スープカレーと、テレビでも活躍する料理研究家・小笠原登志子さんが作るゴジラえびの五色かき揚げ丼。但し、それぞれ限定400食と300食で、祭り初日だった前日は大行列の末に完売したらしい。この日も正午を待たずして売り切れとなり、既に撤収作業に入っていた。

北海道100806.jpg

私達はサフォークを無事にゲット出来たから良かったものの、サフォークもスープカレーもかき揚げ丼も食べられなかったツアー参加者からは、かなり文句が出たようだ。その上、椅子やテーブルの数が少なくて満席。というわけで、ビールどころではなく何の変哲もないタコ焼きを立ち食いし、隣接するサンセットプラザの日帰り温泉に逃げ込んだ。

北海道100810.jpg

羽幌出身、みのや雅彦氏のステージもあった。FM公開録音も兼ねていたようで、次の出し物の予定時刻を十分以上過ぎても終わらない。地元スターによる面白トークに熱演ライブ。誰が止められようか。

北海道100808.jpg

終了後にステージ裏で行列するファンに応対する、みのや雅彦氏。

北海道100809.jpg

祭りの目玉商品、持ち帰り用の甘海老は会場にて限定2,000箱、一キロ1,900円の「浜値」で売られていた。私達ツアー客の分は予約の上で完全確保済みだが、二時過ぎにテントを覗いたら売り切れで、冷凍物1,500円の販売に変わっていた。私達が買った甘海老はバスに直接積み込んで貰えて、持ち帰りし易いように手提げビニール袋付き。

このまつり、羽幌の甘海老を売り込むために一日限りだったのを二日間とし、町民対象で小規模だったのを新聞で告知(私達もこれでまつりの存在を知った)して、今回のバスツアーを初めて企画したという。その結果、想像以上の集客となり、目玉商品はちっとも残っていないわ、椅子やテーブルもなくて屋台飯どころではないわという状態に。これで甘海老の箱買い確約が無かったら、私達ツアー客も主催者側にも本当に最悪だったよなあ。

帰路のバスで求められたアンケートには、かなり辛辣な感想が寄せられていた模様。ただ、気兼ねなく飲酒出来る点でバスツアーは有難いし、来年以降も続けて欲しい良企画だと思う。今回は椅子が無くて、飲酒どころじゃなかったけどね!(ちょっと恨んでいる)

fin.